Warning: fileperms() [function.fileperms]: stat failed for /home/msga/app-nancy.org/public_html/wp/index.php in /home/msga/app-nancy.org/public_html/wp/wp-admin/includes/file.php on line 891

胃ろうに使用される栄養剤の種類

胃ろうとは口からの食事の摂取が困難になった場合などに、胃に直接栄養となるものを入れて補給する方法のことです。人間はさまざまな理由で経口摂取ができなくなります。まず、加齢によって噛んだり飲み込んだりする力が弱くなる、咀嚼・嚥下障害です。この場合口から食べ物を入れることは誤嚥などの危険につながります。胃ろうをつくる多くの理由がこのためです。他にもクローン病や術前術後の栄養管理などもあります。胃ろうに使用される栄養ですが、まずは天然濃厚流動食と人口濃厚流動食とに分類されます。これらは使われている窒素源の違いでどちらかに分かれます。天然濃厚流動食は消化吸収能力が必要になってくるので、疾患などにより消化吸収能力が落ちている場合は不向きといえます。人工濃厚流動食もたんぱく質をどこまで分解した状態のものかによって、半消化態栄養剤と消化態栄養剤、成分栄養に分類されます。半消化態のものはたんぱく質がほとんど分解されていないそのままの状態で入っているので、消化能力が必要になってきます。消化態のものは窒素源がたんぱく質よりも小さい状態まで分解されているので、消化能力が落ちている場合にも使用が可能になってきます。手術後や炎症性の大腸疾患などが適用となります。成分栄養剤とは窒素源が最も小さなアミノ酸にまで分解されているため、消化吸収が容易におこなえます。しかしこれは浸透圧が高いので、続けて使用すると下痢を引き起こすことがあります。さすが看護師転職 お祝い金をがっぽり貰ったカリスマ看護師である私の姪がいうと説得力がありますね(笑)

胃ろうのトラブル~介護職と看護職の連携が大切

年齢を重ねると、どうしても食事を噛む力、飲み込む力は低下しがちになります。そのため通常の食事を口から摂ることが難しくなったり、誤嚥を繰り返し誤嚥性肺炎を発症してしまうことも多くなります。そうした状態の人に対し、直接、胃に流動状の食事を流し入れるためのカテーテルを設ける手術のことを、またはそうして設置されたカテーテルのこと胃ろうと言います。従来、こうした状態の人に対しては経鼻、つまり鼻から管を通して流動食を流し入れるのが一般的でしたが、胃ろうはそれに比べると患者さんに対する負担が少なく、また見た目もそれほど、目立たないと言うメリットがあります。ただし胃ろうにはトラブルが発生する可能性も存在しています。たとえば点滴を通じて流動食を注入していくわけですが、その速度が速すぎると、患者さんの体に大きな負担がかかり、下痢や嘔吐につながる場合もあります。しかし逆に時間をかけ過ぎると、カテーテルに流動食が詰まってしまったり、患者さんの生活の質を低下させることにもなりかねません。またカテーテルやその周辺の衛生状態が悪いと、感染症を引き起こすこともあり、患者さんの健康状態の低下を招くトラブルにつながることもあり得ます。胃ろうは看護職と、一部の介護職が行うことができます。一部と言うのは実務者研修と言う研修を受け、更に所定の回数、実現場での経験を重ね、そのことを看護職によって認定された介護職のみです。ですから、こうしたトラブルを防ぐためには、介護職と看護職が連携をして、胃ろう前後の患者さんの状態を確認し合い、その情報を共有することが重要です。

胃ろうの交換~皮膚の癒着を防ぐために必要

老化や疾病などを理由として、口から食事を摂取するのが難しい人に対して造られるのが胃ろうです。胃に直接、食事を届けるため、胃に小さな穴を開けて、その穴にチューブを挿入することで設置します。食事を摂取する時以外は、挿入したチューブの先端、体の外側に出ている部分を覆うようにつけられている蓋をかぶせておきます。胃ろうは、ある程度の耐久性は保証されているものです。ただし体にとって異物であることにかわりはないので、特に衛生面に関しては配慮が必要ですし、半年から1年ごとに交換する必要は発生します。このタイミングに関しては、あくまで一般的に言われているものであり、介護職などが異変を察知した場合は、医師の判断によってこのタイミングが早くなる場合もあります。胃ろうは、皮膚と腹壁、そして胃壁を貫通させて、胃にチューブを挿入している状態です。しかし皮膚とはもともと、穴が開いたらその穴を塞ぐために働くものです。そのため胃ろうも、そのままにしておくとそこに皮膚が癒着してしまう可能性があるため、それを防ぐために交換する必要があると言うわけです。貫通している穴に、再びチューブを挿入することになるわけですが、皮膚、腹壁、胃壁の状態によっては、挿入したチューブの先端が胃に届いていない、あるいは胃ではなくその外の腹腔内にあると言う状況になることも決して否定はできません。そのままの状態で食事を注入した場合、利用者が腹膜炎を発症する可能性もあります。ですから、交換時においては内視鏡や胃内に水を入れておくことで、その吸引の有無によってチューブの先端が胃にあるかを確認することが必要不可欠です。

介護で胃ろうをする場合の問題点

胃ろうというのは、もう自力で食べることができなくなった人に対して、腹に穴を開けて直接今で管を通して栄養や水分を補給してやるという方法です。食べることが出来ない人でも、この胃ろうをすれば生命活動に必要なだけの栄養をとることが出来るので、医療や介護の現場で用いられることが多くなりました。ただ、胃ろうは命を救っているという一面もありますが、中止をすればすぐに死んでしまうような人を無理やり延命させているという見方もあります。特に介護で寝たきりのお年寄りに胃ろうをして、短ければ数ヶ月、長くても数年の延命できないことがほとんどです。それに食事が出来ないほどの人に、処置をすれば穴を開けた部分に病気が出てきたり、肺炎などの合併症を引き起こしやすくなります。にもかかわらず、一度手術をしたら終わりというのではなく、半年に一度程度の感覚で管の交換をしなければいけません。経済的な要素を見てみると、流しこむ栄養剤というのは、かなり高額で数ヶ月や数年という短い期間の延命だとしても、その負担は当人や家族の経済状況をかなり圧迫してしまいます。また、胃ろうをした場合には、施設に預けようとしても、対応してくれるところは限られており、入所を断られることもあります。それで在宅で面倒を見るといっても、ヘルパーは栄養剤の投与をしてはいけないということになっており、必然的に全て家族が管理しなければいけなくなります。どれほどの苦労をしても、要介護者には生きていて欲しいという願いは大事である一方で、現実として家族がその負担に耐え切れるかどうかが問題です。